FC2ブログ
謎の人形館
謎の人形が気ままに。。。。 たくさんの人と会話したいな>< ・・・・と思ってるブログです ちなみにアニメ好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蒼崎青子メインオリキャラ登場・長編「The nineteen 月のない夜のことⅣ」
 御黎千鳥が居宅焼失のため仮の住まいとしていたのは、商店街と病院とを区切るM川の側にあった。

 道中、二人は無言で結局ホテルの前までついてしまい、仕方なく中へ案内してもらう運びとなった。
 洒落た西洋風の外見を持つホテルで、一泊数万はしそうな中級クラスというところか。
 青子がよく利用するボロホテルとは比べものにならないのは確かだ。
「ここのオーナーが父と知り合いで、しばらく面倒を見ていただくことになりまして」とは千鳥談である。


 階層はそう多くはない三階建てである。
 千鳥もその最上階である三階に部屋を用意されてさるようで、部屋まで案内してくれた。
「失礼しま~す」と部屋へ入るとなかなかに広い部屋とシックな家具が並んでいた。

「ん~、実家を思い出すわね~」

 久しぶりに思い起こすと感慨深くなる。
「ご実家はご立派なんですか?」
「まぁまぁね~」
 などと生返事をして勝手にソファーへと座りこみトランクを静かに置く。
 千鳥はお茶の準備をしているようだ。
「すいません。お湯が沸くまでしばらく待っててください」
「あぁ~気にしないで。それより本題に入りましょう。ごめんね、私ってストレート勝負しかできなくてね」

 と自身の性格に任せて話をする。

 千鳥も小さく頷き青子の側に座る。
 その瞳は絶望を覗かせながらも、やはり芯の強さを感じさせる。
(・・・・本当に神様は残酷ね・・・・)
 目の前の悲しみがとても痛々しかった。


 それでもやはり青子は魔術師として他人の感情を排斥して、話を始める。
「まずは、私がこの町にきた目的について話すわね」
 千鳥の目を見て、順序付けをする。
「私はね、ある人物を追ってきたの。ソイツは魔術師でとある物を探していた。その持ち主があなたのお父さん、らしいわ」
「・・・魔術師?そんなものが存在」
「存在するのよ」
 千鳥の質問を先回りして答える。
 やはりというか、魔術に関しては懐疑的な一般常識を千鳥は持っている。

「まずそこを説明するとね、魔術はこの世に存在する。御伽噺の話だけじゃないのよ。そ
して、それは魔術協会という組織によって秘匿されている。でちなみに私は魔術師じゃなく、魔法使いよ」
「どう違うんですか?」
「ん~と、魔術師が使う魔術っていうのは、現代の科学でも可能なことを敢えて魔力を使ってやってるの。で魔法は現代の科学で不可能なことを起こせる力、かな。だからランク的には魔法のほうが魔術より上ね。私も一応は魔術を使えるから魔術師だけどね」

 千鳥は自身の知りえぬ情報を聞き、驚き半分といった様子だ。
「でまぁ、本題に戻るんだけども私が探してるソイツはあなたのお父さんとすでに接触している。そして、命を奪ったのはソイツの可能性が高い・・・」
 緊張感を微塵も感じさせず、事実を話しきった。
 話始めて数分と経っていない。
 はじめに青子が明言したとおりのストレート勝負。しかも豪速球である。
 悲しみの感情への配慮など一切考えず、傷口に塩を塗るように残酷に。
 忘れかけていたことへの感情がふれだし、純粋な少女は崩れ落ちる。
 泣き声もなく、ただただ、思い起こす。
 魔法使いはそれに触れることも出来ずに宙を見つめる。
 ふと、千鳥が嗚咽をかみ殺しつぶやく。
「っ・・・私、その人ッ・・・見たかもしれません」
 記憶の中、帰宅時にすれ違った男のこと。
 違和感を抱いた感覚を思い出す。
 怒り、恐怖、憎しみ、負の感情が心を蝕む。
 そんな彼女の頭を優しく青子はなでる。
「私、甘い言葉は嫌いなの。だからあなたを追い詰めるわ」
 裏腹に優しい口調でただ、選ばせる。

 人生は選択肢の連続であると言った宝石翁の台詞を思い出しながら青子は言う。
「私はソイツをぶっ飛ばす。あなたはどうする?」
 ひどく簡潔に、しっかりと問う。
 俯いていた千鳥は、顔を上げ、迷うことなく魔法使いの目をしっかり見やる。
(あぁ、やっぱりそっちを選ぶのね・・・)
 
 
 しっかりと頷くその意思表示を受け止め、魔法使いは本日二度目の神への呪詛を呟いた。



2012/03/13いつもどおり
03/13
ドラクエのレベル上げが終わったのでファイナルファンタジーをする

いい加減やることなくて疲れてきた


明日はホワイトデー、でも貰った人にはバレンタインにあげてたりする
・・・ので多分何もないだろう
2012/03/11~12  何もなかった二日
03/11
特に何もなかった
強いて言えばドラクエのレベル上げに一日かける

03/12
特になし
強いて言えばドラクエでデスタームーア撃破( -.-)



以上
2012/03/09~10 日常
03/09
特に何もなし
日常の中で終始眠る。


03/10
茶道の稽古。
まぁまぁな出来。

茶杓の銘を「直心」

あまりぴんとこず。。。





再編w
君の声を聞きたい夜がある



暗闇で1人になって
独りぼっちの寂しさと

静けさに気づく


握りしめた携帯に
助けを求めて

弱い私に気づく


こんな夜を何回繰り返せばいいの?


ただ切なくて
苦しくて
愛しくて

でも・・・
会いたいよが・・・が言えない


君に何もしてあげれないから
これ以上
君にもらえないよ

ダイスキの言葉さえ




================================


今更ながらに見ると支離滅裂だな、オィwwww

ん~
昔の辛かった恋の詩を再編したのですが

なんか今の俺には共感できなかったwwwww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。