FC2ブログ
謎の人形館
謎の人形が気ままに。。。。 たくさんの人と会話したいな>< ・・・・と思ってるブログです ちなみにアニメ好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢遊病の君と糖尿病の俺
夜である
しかも真夜中
こんな時間に出歩くのは泥棒か季節外れのサンタだけだろう
普通はだ
だが俺の隣を歩くこいつは非常識極まりないからそんな常識は通じない
言っておくが俺は常識人だ
つい三十分前までは布団の中にいたんだから
「ねぇ、ねぇ、何をぶつぶつ言ってるの?」
「なんでもないさ・・・・」
そうこいつのせいでたたき起こされたのだ
何だか知らんが夜中に人の家に来て「デートしよう」とか言い始めた
ちなみに俺たちは恋人なんかじゃない
さすがに俺は駄目と言ったんだが聞く耳持たねぇ
つーか何も言えなかった
それでいやいや付いてきたわけだ
「何処行こうか?」
「どこでもいい・・・・」
「そっかぁ~」
そっかぁ・・・じゃない!
説明するのが遅れたが俺は今、命の危機だった
あえてまだ突っ込んではないがこいつは凶器を手に持っているのだ
銀色にきらめくそれは・・・・包丁・・・・
さすがにこれを向けられて脅されれば「嫌」とはいえないのである
「あっ・・・そういえば」
危険度MAXの女が何か思いついたようだ
頼むまともなことであってくれ
「私たち付き合ってないよね?」
俺の願いは砕け散った
「だったら付き合おうよ?大丈夫だよね?あなたは彼女いないもんね?」
訂正しよう俺の願いは核弾頭によって砕け散った
上目遣いで聞いてくるこいつは疑問系とは名ばかりのYESしか選択肢が
ない疑問系を押し付けてくる
・・・・包丁を俺に向けながら・・・・
「どうなの?大丈夫だよね?断ったら嫌だよ?」
今にも刺しそうな勢いだぜ
「わ、わかった」
結局妥協
自分が嫌になるよ・・・
沈む俺とは逆に
「やったぁ!!!!うれしいよ~」
めちゃくちゃ喜んでいる
近所迷惑のなるからもっと声をおとして欲しい
「うれしぃ・いょ・・・ぐすっ・・・すん」
・・・泣いているのか?
状況を理解するのに数秒かかった
そして・・・正直に言おう、驚いた
そこまで喜ぶとは・・・・
泣いている姿は普通の女の子だ
こんな異常なことをしなくても普通に気持ちを伝えてくれれば・・・・
いや・・・・逆だな
純粋すぎてこんなかたちでしか出来なかったのだろう
そう考えると自然と好意がわいてきた
俺は一歩近づき、そっと抱きしめてやった
「ぇ?」
今度はこいつが驚いたようだ
眼をぱちぱちするその姿はメガネザルを連想させる
もちろんそんなことは死んでも言わないが
その変わりに・・・
「泣くなって・・・」
そんなことしか言えなかった
でもそれで十分だったようだ
「うん・・・」
笑顔が可愛い
思わず抱きしめる腕に力が入ってしまった
しばらくはこのままでいたかった


これで良かったのだろうか?
そんなことを考えるのはやめよう


--------------------------------------------------------

どうもです
初めてヤンデレを書きました
疲れました><
男の方がキョンっぽいのは許してください
イメージが湧かなかったので一番書きやすいので書かせてもらいました
最後の一文は自分に向けてです
後悔はしていません
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。